産業メンタルヘルスの目的とは?|ニュース&トピックス|総合心理教育研究所 東京セリエセンター:メンタルヘルス対策・ストレスマネジメント

ニュース&トピックス

産業メンタルヘルスの目的とは?

 

迷ったときは【原著】を紐解く。産業メンタルヘルスの原著は、イギリスのT•Mリングの『職場の精神衛生と人間関係』です。四十年経っても、色褪せない。今かかれた論文のごときである。最も私が感動した文書は、【産業メンタルヘルスとは、個人のストレスを最小にし、共同の成果を最大にすることである】(東京大学医学部教授、笠松章訳、)という言葉です。グロービス経営大学院で出版した2冊の著書にも、しっかり、書かせていただいております。個人のストレスを最小にするのは、臨床の専門家です。しかし、共同の成果を最大にするのは、MBAのみなさま方の力がないとできません。
医療関係者だけでなく、組織行動学の専門家も集めて、総合病院のような、メンタルヘルスの機関があれば、いいと考えて『総合心理教育研究所』を四十年前に立ち上げました。医療関係者は、薬や医療器具をしようします。メンタルヘルスでは、心理教育を通して仕事が行われます。だから、研究所の名前を【総合心理教育研究所】としました。世界的に増加する、メンタルヘルスの問題解決に、日本、アジアの視点で、ハイパーチェンジ時代のソリューションを模索続けます。是非とも、御協力お願いもうしあげます

ニュース一覧へ戻る

このページの上部へ

アクセスマップはこちらから