【今後の課題は集団分析結果をどのように活かすか?】厚生労働省調(29年6月)発表|ニュース&トピックス|総合心理教育研究所 東京セリエセンター:メンタルヘルス対策・ストレスマネジメント

ニュース&トピックス

【今後の課題は集団分析結果をどのように活かすか?】厚生労働省調(29年6月)発表

 

【今後の課題は集団分析結果をどのように活かすか?】厚生労働省調(296月)発表ではストレスチェック後の「集団分析の実施」は努力義務に関わらず実施率平均78.3%と良好でした。

実施状況は82.9%がストレスチェックを実施していました。1000人以上では84.6%、順に小規模になるに従い5099人では78.92%でした。

未実施は17.1%でした

。実施率が高いのが製造業86%で、低いのが清掃・と畜業670%でした。

規模別実施企業は1000人以上99.5%で、規模別に低下して50人から99人では78.9%でした。受検状況では平均78%で、30099979.1%と高くなっていて、1000人以上771%でした。5099人の会社も77.0%と大きなかい離はありませんでした。

産業医面接指導を実施した企業は約3割、そのうち8割は事業所専任産業医が実施しました。私はSCが義務化される40年前から実施しています。大企業は比較的前から自主的に実施してます。ですから総合心理教育研究所の実施率受験率は99%-100%と非常に高くなります。また最近では集団分析へのお客様ニーズが増加してきております。他社にはない長年の事業所のビッグデータがございますので精緻な対策に重点を置いた報告書で喜んでいただいております。佐藤

 

ニュース一覧へ戻る

このページの上部へ

アクセスマップはこちらから