総合心理教育研究所・東京 セリエセンターTokyo-Selye Center

THQコーピングとTHQ傾聴訓練法

多くの企業で使用されているTHQコーピングと傾聴訓練法をご紹介します。豊富なストレス診断・コーピングツールが準備されています。

■ 35年間のデータの蓄積が有効なストレス診断・コーピングツールを産出しました。

総合心理教育研究所での長年の研究・調査の実績をもとに開発されたTHQストレス診断やコーピングツールである「ハッピーオアシス」があります。内容は一般ストレス診断、ライフプラン診断、アルコール診断、ストレス栄養診断、タイプA診断等々から構成されています。各社のイントラネットに組み込んで活用することもできます。

認知行動療法

タイプ1:生活習慣危険傾向

タイム・マネジメント

タイプ2:回避傾向

問題回避

タイプ3:漂流傾向

コミュニケーションを良好にするための方法です。

タイプ4:焦燥傾向

タイプ5:神経質傾向

先々のこと考える。

タイプ6:孤高傾向

一人を好む。


ストレス学の父、セリエ博士のカナダストレス研究所との研究