ストレス学の本質||佐藤隆のストレスブログ

佐藤隆のストレスブログ

ストレス学の本質

2015.02.13 3:28:07

ストレス学の本質。脳の扁桃体の興奮がストレス状態だ。古い動物の脳と呼ばれている。ワニ、馬、牛の脳だ。恐怖を感じると身を守るために闘うか逃げる。これが争逃走反応だ。この反応によりストレスは減少する。

牛や馬なら、組織に縛られることなく生きられる。牛が明日のスケジュールを立てたり、志を持つことはない。ストレスでぎゅーとなることはないのである。

このページの上部へ

アクセスマップはこちらから