「名作ショウシャンクの空の下から」メンタルヘルスを考えてみましょう..||佐藤隆のストレスブログ

佐藤隆のストレスブログ

「名作ショウシャンクの空の下から」メンタルヘルスを考えてみましょう..

2016.06.16 11:27:03

 。「名作ショウシャンクの空の下から」メンタルヘルスを考えてみましょう。
なぜ、職場復帰したのに、再燃、再発するのか、
めでたく復帰したのに、うつ病が、再燃、再発する場合が、少なくありません。40年も、復帰のお手伝いをさせていただてます。復帰までは、治療のプロセスです。しかし、一旦、復帰すると、そこは、適応のブロセスです。「組織社会化」のプロセスです。
適応のためには、文化的にとけこんでいる、そのぐるーぶで、役割を果たせるか、組織に、必要な技術力をもっているからがとわれます、
ショウシャンクの映画でも、無実のアンディは、刑務所ショウシャンクに送られます。入社式や人事異動、復帰する時期となります。たちまつアンディは、意地悪な、囚人たちから、リンチをうけます。けんめいにたえます。適応し、自分なりの役割を獲得します。そして、モーガン、フリーマン演じるレッドという、親友も、獲ます。異動には、誰しもが、不安と恐怖心をいだく。だから、準備が、成功の鍵を握る。やがて、アンディは、脱出し、仮釈放になった、レッドと再会する。アンディは、苦しみを乗り越え、適応して行きます。メキシコ国境にある「ジワタネホ」で二人はあいます。「誰しも、心の自由はうばえない。希望って、大切なものなんだよ」と、アンディはいう。私は、何時も職場復帰のお手伝いをさせていただく時に言います。「会社があって、あなたがあるのではない」「あなたがあって、会社があるのです」と。自分自身という心の自由を大切にしてください。その先に、希望に溢れる、素晴らしいキャリアが待っていることでしょう、と話します。写真はレッドが、アンディに会いに、メキシコ国境に向かうむシーンです。

このページの上部へ

アクセスマップはこちらから